新発見!風俗の歴史

人間の歴史と風俗

今やインターネットが最盛期となっておりちょっとインターネットで検索すればエッチな動画なんていうのは当たり前のように手に入る世の中になってきているのです。
そうなれば性欲なんてものは自分自身で処理をしてしまえば性風俗のお店なんてものはいらないんじゃないかと考えられる女性もいらっしゃるかもしれませんが、男というのは、いやもっといえば人間というのは決してエロ動画だけでは満足できないようにできているのです。
現代社会においてもかなり多くの風俗店が営業しているということはそういったことが背景にあるのです。
どんなにエロ動画が簡単に手に入るような世の中になったとしても、男は必ず風俗店にいきたくなるものなのです。
そもそも、偏見として男は快楽のためだけに風俗にいくというふうな見られ方をしますが、男というのは快楽だけをもとめて風俗に通っているわけではないのです。
男が風俗にかようということは人間のぬくもりを得ることで生きる糧を得ていると言っても決して言い過ぎなんてことはないです。
これは最近の風潮ではなく人間の歴史をみてもあきらかなことなのです。
歴史上では世界でも有名な王族が風俗を愛用していたなんていう記録もあるくらいで、男性がこの世にいるかぎり風俗はなくならないといってもいいでしょう。

性風俗が歴史に貢献

皆さんは毎日の性欲処理をどうされているでしょうか?
結婚をされている人ならば奥さんと夜の営みをすれば性欲処理は完了するでしょうが、独身の男というのはそうはいきません。
たしかに近代ではインターネットなどによってすぐに卑猥な動画などはすぐに手に入れることができるようになり自分自身で性欲処理をするということも手軽になってきましたが、男はそれだけでは満足できない動物なのです。私は先日、市川風俗求人いちごナビの写真撮影のお仕事に行ったんですが、可愛い女の子の写真を撮っていたらムラムラしてしまい、帰りにこっそり風俗店に行ってしまいました。
男はやはり性欲で生きている面があるますので、風俗業というのは永遠に続いていくものだと言えるのです。
それを補強する説として、風俗業が何千年にも及ぶ歴史がある職業ということがあるのです。
一説には風俗業は人類が初めておこなった商取引であるといわれているくらいなのです。いまでも風俗を仕事にしようという女性は多いですが、それでもなかなか周囲の理解を得られないのはしかたがないのでしょうか?
風俗業は現在でもかなり活況がありますが、それは古代でも変わらず人気はあったのです。
古代の資料などによると王族が飲んでや騒げをして風俗嬢をはべらせていたなんていう記録も世界中のいたるところにあります。
もはや風俗業というのは人類の歴史を刻んできたなかで重要な役割を果たしてきたと言っても決して過言ではないです。
もしかしたら風俗業がなかったら今頃は性暴力が蔓延している嫌な時代になっていた可能性だって十分に考えられるのです。

日本の風俗がすぐれている理由は歴史にあった

先日、仕事で旭川に行ったのですが、何軒かの風俗店を利用しました。現代の風俗店に行ったことがある人はわかるかもしれませんが、日本にうまれてよかったーと全力で叫びたくなるくらい非常に楽しいところなのです。
日本の性風俗というのは世界の中でもとびぬけて素晴らしいサービスを提供していると言っても決して言い過ぎなんてことはないです。
しかし、なぜ日本はこのような世界の中でもトップクラスの性風俗サービスが提供できているのかというと、それは日本の風俗文化の歴史に理由があると入っても決して過言ではないです。
日本の風俗業のはじまりというのは古代にさかのぼります。
なんと一説によると風俗業をはじめたのは神社に務める巫女さんだったという話なのです。
巫女さんが神のお告げをつげるためのものだったのが、巫女さんの仕事もどんどん減ってきて、そういった女性たちが旅して歩くタイプの風俗業をはじめたというのが初期のころだったといわれています。
しかし、その風俗はただたんに性的な行為をするだけのものじゃなかったのです。
性的なサービスに加え踊りや歌などといった総合エンターテイメントとして活躍していたのです。
いまでもその名残なのか、旭川風俗求人いちごナビをみてみると、ダンスショーをみせるお店なんかもあるんですね。
こういったことから時代も進んで吉原などの風俗などに洗練されていき、そして現代にいたるというわけです。